展示情報

山口典子『WANTED』開催のご案内

 

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

東銀座のアートスペース un petit GARAGE より次回の展覧会のご案内です。

 

 この度 un petit GARAGE では、山口典子個展『WANTED』を開催いたします。

un petit GARAGE では初の個展となる山口の作品はパフォーマンス、3Dプリンターを用いた立体造形、写真等とメディアや技法を固定せずに、様々なテクノロジーを取り入れた作風が特徴です。これまではネット社会における人間のコミュニケーション感覚の変容や、独特な皮膚感覚に基づいた作品を発表してきました。

 本展ではハニートラップがテーマ。”かわいい女の子”をモチーフに、情報から受ける疑惑と不安を提示します。ぜひご覧ください。

 

「20210423」

2021年 / 24.5×27.7cm / Ink and watercolor on paper

 

山口典子『WANTED』

会期:2021年6月15日(火)~7月17日(土) 12:00~18:30

休廊:日曜・祝日・隔週土曜

(6/19,7/3,7/17, の土曜はオープンします)

 

新型コロナウィルス感染防止対策のため、ご来場のお客様には、

マスクの着用や手指の消毒等へのご協力をお願いいたします。

 

 

会期中、会場にて本展の図録と展示作品をデザインに使用したTシャツの販売を予定しております。

(画像は制作中のものです。)

 

山口典子 個展『WANTED』によせて

 約15年前、山口典子は関西で「KEITAI GIRL」という非常に面白いパフォーマンスを行っていた。その情報を聞きつけ取材し、私の著書の中で紹介した。パフォーマンスも秀逸だったが、画家としての才能もぐんぐん現してきていて、2017年の静岡県掛川市で開催した「かけがわ茶エンナーレ」にも参加していただいた。満を持しての個展は、2021年に生きる魅力的な女の子の作品群だ。可愛さ爆発である。しかし、単純に受け取るわけにはいかない。テーマとなるのはハニートラップ。情報を疑わない態度への警鐘である。自分の頭で考え、行動すること。コロナ禍の今、私たちの心へ問う問題作なのである。冷たいお茶と消毒液を用意して、お待ちしています。

山口裕美(アートプロデューサー)

 

 

山口典子/Noriko YAMAGUCHI

【プロフィール】

1983年、神戸出身。現代美術家、3Dクリエイター、アートディレクター。2007年京都市立芸術大学大学院絵画コース油画修了。2019-2013年京都市立芸術大学非常勤講師。2014年より3Dモデラー、企画、制作職を経て2020年‐大正大学客員准教授。同年2020よりmugwunp主催。近年開催した主な個展に「繰り返される物語」MEM.inc / 東京(2020年)、「PLAQUE」MEM.inc/ 東京(2015年)など。近年参加した主なグループ展に「神宮の杜芸術祭」明治神宮 / 東京(2020年)、「六甲ミーツアート」 / 兵庫(2019年)、掛川茶エンナーレ / 静岡(2017年)など。

https://note.com/noriko_0202/n/nc0d2a13a194e

 

  • un petit GARAGE

〒104-0061

東京都中央区銀座7-17-1 銀座武蔵野ビル1F

Tel:03-3541-0038   

Mail:info@yyarts.co.jp 

 

最寄り駅:

築地市場駅から徒歩3分

東銀座駅から徒歩4分

銀座駅から徒歩8分

新橋駅から徒歩8分

 

YYARTS HP: http://yyarts.co.jp/