プロフィール

山口裕美(やまぐち・ゆみ)

yamaguchi

アートプロデューサー&ディレクター。
アーティストが孤軍奮闘する日本の現代アートの現状の中で、常にアーティストサイドに立ったサポート活動を続けている。
日本の現代アートを世界に向かって発信するその活動から「現代アートのチアリーダー」の異名を持つ。

  • eAT金沢99総合プロデューサー
  • ARS ELECTRONICA2004ネットビジョン審査員
  • 総務省デジタルコンテンツワーキンググループ「新しいコンテンツ政策を考える研究会」委員(2004)
  • 「劇的3時間SHOW」キュレーター(2007)
  • 静岡県掛川市地域活性化プロジェクト「掛川現代アートプロジェクト」プロデューサー(2008-2014)
  • 「De La Mer 」10周年記念イベント総合ディレクター(2010)
  • 上海万国博覧会記念版画制作実行委員(2010)
  • 女子美術大学非常勤講師(2010)
  • 福井県恐竜キッズランド構想アドバイザー(2010)
  • 北京市 D-PARK Animals save the art gallery ディレクター
  • 静岡県立美術館第三者評価委員会・委員
  • eAT金沢実行委員会・委員
  • TERADA ART AWARD審査員
  • Golden Competition審査員
  • Emon Photo Award 審査員
  • 第1回CAF賞審査員
  • 第67回山口県美術展覧会審査員
  • 高松市美術館展覧会アドバイザー
  • 公益財団法人現代芸術振興財団ディレクター
  • NPO法人芸術振興市民の会(CLA)理事長
  • CANVASフェロー
  • 著作権延長問題を考えるフォーラム発起人
  • JAPA日本ポップカルチャー委員
  • NPO法人Open Museum Project理事
  • 女子美術大学芸術学部非常勤講師

 

■主なプロデュース&レクチャー

  • 第12回アジア大会公式プログラム「アジアの創造力」展企画 広島市現代美術館(1994)、
    So-netの会員向けアートコンテンツTOKYO TRASH(1996-)
  • 第29回ロッテルダム映画祭 Exploding Cinema section(2000)
  • 「中村ケンゴ展」CAI・ハンブルグ(2003)
  • 縁起徳利「六瓢息災」ミヤケマイ&福光屋・金沢(2005)
  • 「掛川現代アートプロジェクト」(2008-2014)
  • 北京市 国家中国美術館 卢禹舜 記念シンポジウム(2012)
  • 「世界遺産登録記念 富士山奉祝提灯行列」(2013)など。

 

  • 「ドクメンタ9」レクチャー(1992)
  • ヴェネチアビエンナーレレクチャー(1995)
  • 「異空間への旅-現代アートとは何か」東京大学大学院情報学環(1999)
  • 「近未来の異次元宇宙へ向けて」河口洋一郎・マービン・ミンスキー(2003)
  • 総務省主催「ネット・キッズ・ポップ」シンポジウム(2004)
  • 「新日本様式」デジタルハリウッド大学院(2007)
  • 「特別レクチャー」吉備国際芸術大学(2009)
  • 「日本の現代アートの現在」アート北京(2012)など。

■著書

  • 「TOKYO TRASH web the book」(美術出版社)
  • 「現代アート入門の入門」(光文社新書)
  • 「Cool Japan-疾走する日本現代アート」(BNN新社)
  • 「芸術のグランドデザイン」(弘文堂)
  • 「Warriors of Art」(講談社インターナショナル)
  • 「観光アート」(光文社新書)
  • 「The Power of Contemporary Art」(アスキー)
  • 現在、静岡新聞にて「時評」連載中。