須永有『絵筆で照らす』開催

 

 

 

 

 

 

 

 

 

須永有『絵筆で照らす』

会期:2019年6月1日(土)~8月10日(土) 12:00~18:30

休廊:日曜祝日休み・土曜不定期休み(6/1,6/15,6/29,7/13,7/27,8/10 の土曜はオープンします)

Opening Reception:2019年6月1日(土) 17:00~20:00

 

 

「絵筆で照らす-2」 72.7×60.6cm/Oil on canvas/2019

この度un petit GARAGEでは、須永有個展『絵筆で照らす』を開催いたします。雪舟の慧可断臂図(えかだんぴず)から影響を受けて制作された「絵筆で照らす」をはじめとする作品を通し、見ることや見られること、視点や価値感の転換について考えます。自分の立っている土台を疑い、「真実とは何か?」を問いかける試みを、どうぞご覧ください。

 

山口 裕美より(YY ARTS CEO・アートプロデューサー)

 3年ぶりに須永有の個展を行うこととなりました。須永有は、絵画らしい絵画を描く画家の一人です。その作品と名前からむくつけき男性をイメージする人も少なくありませんが、非常にチャーミングな小柄の女性です。仕事柄、たくさんのアーティスト達に会ってきましたが、作品のイメージとルックスが合っているアーティストよりも、イメージを裏切られた時の方が、作品が良いように感じます。

 「絵筆で照らす」は、雪舟の作品で国宝の「慧可断臂図(えかだんぴず)」にインスパイアされ、挑戦的に描いたシリーズです。須永有は光と影に強い関心を持っているのですが、さらにもう1つの炎という要素が加わりました。絵画を生み出す絵筆を松明のようにかざしながら、前進する意欲的な絵画作品。骨太でカッコいいです。誇らしくもある須永有の新作をぜひご自分の眼で確かめにいらしてください。

山口裕美(アートプロデューサー)

 

  • 作家紹介

須永 有(すなが・ある)

1989年 群馬県生まれ

2014年 東京藝術大学 美術学部絵画科油画専攻 卒業

2015年 半年間、ドイツへ留学

2017年 東京芸術大学美術研究科絵画専攻修士課程 卒業

《主な賞歴》

”TERRADA ART AWARD 2014” 最優秀賞
”CAF Art Award 2014” 審査員特別賞

群馬青年ビエンナーレ2019

 

《主な展示》

個展

2013年 「PASSAGE」/ Bambinart Gallery, 東京

2015年 「須永有個展」/ T-Art Gallery, 東京

2016年「あなたの顔は、よく見える」/ un petit GARAGE, 東京

 

グループ展

2010年 「現役美大生の現代美術展 Produced by X氏」/ Kaikai Kiki Gallery、Hidari Zingaro, 東京

2016年 公益財団法人現代芸術振興財団 名和晃平セレクションCAF賞選抜展 / HOTEL ANTEROOM, 京都

2017年​  ​ 本と美術の展覧会vol.1 絵と言葉のまじわりが物語のはじまり

    「長嶋有と福永信のキュレーションvol.1 大★須永有展 美と微とbi☆toの原寸大」

    太田市美術館図書館, 群馬

2019年 群馬青年ビエンナーレ2019 /群馬県立近代美術館, 群馬

 

  • un petit GARAGE

〒104-0061

東京都中央区銀座7-17-1 銀座武蔵野ビル1F

Tel:03-3541-0038   

Mail:info@yyarts.co.jp

 

最寄り駅:
築地市場駅から徒歩3分
東銀座駅から徒歩4分
銀座駅から徒歩8分
新橋駅から徒歩8分

YYARTS HP: http://yyarts.co.jp/

News, 展示情報カテゴリーの記事