【開催中】 H et H 『f450-number book』

H et H『f450-number book』

会期:2018年1月9日(火)~3月16日(金) 12:00~18:30
休廊:土曜・日曜・祝日(1/13,1/27,2/10,2/24,3/10の土曜はオープンします)

Opening Reception:2018年1月13日(土) 17:00~

H et Hf450-number book  8 – EIGHT(prototype)-
99×223×13mm /シナベニヤ、ボローニャ石膏、兎膠、金箔 / 2017年

 

このたび、un petite GARAGEでは、平井武人によるH et H 『f450-number book』を開催いたします。平井武人は1989年に兵藤忠明とアートユニット’’H et H’’(アッシュ エ アッシュ)を結成し、レントゲン藝術研究所や三菱地所アルティアム、ヨーロッパでの巡回展など展覧会を多数開催してきました。留まることなく、常に次へ、次へと新しい芸術表現を追い求めた姿は、90年代のアートシーンに一石を投じ、多くの目撃者を生み出してきました。

本展のタイトルにもある’’f450’’は平井がレイ・ブラッドベリ著『華氏451度』からインスパイアを受け、つけた名称です。この物語の中で、451は本の素材である紙が燃え始める温度を示しており、’’f450’’(Fahrenheit 450)は紙という物質が燃え、別の物質へ移り変わる一歩手前の地点を比喩的に表したものです。そこに「紙という物質(アナログ)」と「デジタルデータという非物質」の境界線を重ねた平井は、どちらの領域も横断した作業を行いたいという思いも込め、その姿勢を表す言葉として’’f450’’と呼称しています。

平井が’’H et H’’として一連した作品を発表する本展は非常に貴重です。秀逸な作品の数々をお見逃しのないよう、ぜひご高覧いただきたくお願い申し上げます。

 

【作家紹介】

平井武人(Bujin Hirai) / H et H

1990年 東京芸術大学美術研究科修了。
兵藤忠明と共にH et Hを結成し、美術、アート、映像、グラフィックデザイン、音楽、サウンド、テキスト等あらゆる表現を取り込む作品を制作している。

____________________________

2018年第一弾は、懐かしくて新しい芸術表現ユニット、H et Hの平井武人展を開催します。平井個人の活動はレントゲンヴェルケでもご覧になった方も少なくないと思います。しかし、90年代の初めに活動していたH et Hの復活を心待ちにしていたファンもまた少なくないのではないでしょうか。その筆頭が私かもしれません。今回の展覧会では、謎に包まれた物語が展開します。その物語の中で何が生まれ、何が消滅し、何が消費され、何が生産されるのか。生まれては死に、死んでは再生する。世の理を楽しみたいと思います。ぜひ東銀座へお運びくださり、目撃者となってください。(アートプロデューサー 山口裕美)

__________________________________

un petit GARAGE
〒104-0061
東京都中央区銀座7-17-1 銀座武蔵野ビル1F
Tel:03-5539-6600
info@yyarts.co.jp

最寄り駅:日比谷線東銀座駅6番出口から徒歩4分

展示情報カテゴリーの記事