CHRIS NELSON『ROOKIE』のご案内

 

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

東銀座のアートスペースun petit GARAGEより次回の展覧会のご案内です。

 

この度un petit GARAGEでは、Chris Nelson 個展「ROOKIE」を開催いたします。

 アーティスト名をナマイザワクリスから Chris Nelson に改め、これまで積み重ねてきた表現スタイルのさらなる進化を目指す作家が、2021年新たな年の始めを飾ります。ぜひご覧ください。

 

「Rookie #003」

「Rookie #003」

2021 / キャンバスにインク、アクリル / 500 x 430mm

 

CHRIS NELSON『ROOKIE』

会期:2021年1月6日(水)~2月20日(土) 12:00~18:30

休廊:日曜・祝日・隔週土曜

(1/9, 1/23, 2/6, 2/20 の土曜はオープンします)

 

新型コロナウィルス感染防止対策のため、ご来場のお客様には、マスクの着用や手指の消毒等へのご協力をお願いいたします。

 

CHRIS NELSON 個展『ROOKIE』によせて

 

 2021年のスタートは、クリス・ネルソン。これまでは、ナマイザワ・クリスとしてファッションブランドやストリートカルチャーに登場するようなオシャレな若い人気者たちを作品にしてきました。彼の作品からは、登場人物のおしゃべりや彼らの愛する音楽が聞こえるような雰囲気でした。

 今回の「ROOKIE」では、これまでの作品から心機一転、自分から「好き」に向かう旅をして、漫画、アニメ、ドラマ、音楽、幼い頃見たカッコいい野球選手などを発見し、それらを作品にしています。新しいクリスの作品世界を新しい年と共に、共有できることは本当に嬉しいです。最近では、ユーチューバーの「ネルソンさん」として有名ですが、コロナ禍以来、家族が仲良く暮らしている様子を見ているだけで、とても幸せになります。クリスが表現してくれる温かいルーキーの物語をぜひご覧ください。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

        

山口裕美(アートプロデューサー)

 

 

クリスネルソン/CHRIS NELSON

 

【プロフィール】

2012年よりアーティスト活動を開始。独自の視点で収集した膨大なアーカイブをもとに、デコラージュ技法で作品を制作している。

特に自身のバックグラウンドである90’sカルチャーをベースにした数多くの作品を発表。

これまでに「アートフェア東京」、「UNTITLED Art Fair」の他、ニューヨーク、サンフランシスコ、フィレンツェなど、国内外で多数の作品を発表、現在に至る。

 

  • un petit GARAGE

〒104-0061

東京都中央区銀座7-17-1 銀座武蔵野ビル1F

Tel:03-3541-0038   

Mail:info@yyarts.co.jp 

 

最寄り駅:

築地市場駅から徒歩3分

東銀座駅から徒歩4分

銀座駅から徒歩8分

新橋駅から徒歩8分

YYARTS HP: http://yyarts.co.jp/

 

濱口健『東京八景 2020』のご案内

 

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

東銀座のアートスペースun petit GARAGEより次回の展覧会のご案内です。

 

 この度un petit GARAGEでは、濱口健「東京八景 2020」を開催いたします。

 作家は東京出身ではないものの、しかし同時に特定の場所に思い入れなどが無い故に、誰もが先ず思い浮かべるようなアイコニックな東京が集まっています。今回「八景」となったのは「レインボーブリッジ」「不忍池」「渋谷」「東京タワー」「浅草寺」「スカイツリー」「新宿副都心」「東京駅」です。ぜひご覧ください。

 

 

「東京八景・レインボーブリッジ」

2020 / キャンバスにアクリル / 72.7×50 cm

 

濱口健『東京八景 2020』

会期:2020年11月25日(水)~12月25日(土) 12:00~18:30

休廊:日曜・祝日・隔週土曜

(11/28、12/12 の土曜はオープンします)

 

新型コロナウィルス感染防止対策のため、ご来場のお客様には、マスクの着用や手指の消毒等へのご協力をお願いいたします。

 

 

 

 

濱口健 個展『東京八景 2020』によせて

八景の伝統は中国の「瀟湘八景」に遡り、鎌倉時代から室町時代にかけて流行し、雪舟や狩野探幽などの作品もある。今回、濱口健に「東京八景を描いてみて」との依頼は、8年くらい前からのことで、「東京の名所を古い建物と新しい建物を一緒にして、濱口テイストを振りかけてみて」と伝えたが、どうやら素直に従うはずもなく、、、。本人は「東京で育ったわけではないので」というが、すでに東京に住んだ年数は故郷を超えているのではないかと思う。選んだ場所は、レインボーブリッジ、不忍池、渋谷、東京タワー、浅草寺、スカイツリー、新宿副都心、東京駅の八景。東京は毎年、どんどん変化してきたが、2020年は激変したと思う。濱口健版の東京八景を、改めて見ていただきたい。東銀座にてお待ちしています。

山口裕美(アートプロデューサー)

 

 

濱口健/Ken HAMAGUCHI

 

1997年に多摩美術大学 日本画専攻を卒業。

イラストレーションを中心に活動しながら、2008年の個展で美術作家としてもデビュー。

主に音楽などのポップカルテャー、サブカルチャーをモチーフにした絵画作品を展開。

近年は呼ばれるままに、毎年何らかの展覧会を開催または参加している。

 

個展

2008 「黒、経文、その他」高橋コレクション神楽坂/東京

2011 「Selected Old Stuff Vol.1」MEGUMI OGITA GALLERY/東京

2014 「Salute to the Uni-POSCA!」Galeria de Muerte/東京

         「粗製濫造」MEGUMI OGITA GALLERY Showcase/東京

2015 「Salute to the Uni-POSCA! @Osaka」PULP/大阪

2016 「招かれざる奴ら」PULP/大阪

         「現代人の座標軸」WISH LESS/東京

2017 「カスバでメシ喰うな!」 WISH LESS/東京

2018 「Selected Old Stuff Vol.2」 PULP/大阪

         「Selected Old Stuff Vol.3」 MEGUMI OGITA GALLERY/東京

2019 「PICK YOUR GOD」 WISH LESS/東京

         「阿佐ヶ谷で針仕事」 VOID/東京 

2020 「PICK YOUR GOD 2020」 WISH LESS/東京

 

グループ展

2001 「VERSUS」渋谷PARCO、Depot./東京

2014 「消失点/Vanishing Point」Shun Art Gallery/上海

2015 「I’m house sitting」un petit GARAGE/東京

         「NON FICTION 2015」 萬福寺/大阪

2016 「DRAW4」The Blank Gallery/東京

2017 「UMA exhibition」excube/大阪

   「かけがわ茶エンナーレ」 掛川城/掛川市

2018 「HiiiL」 excube/大阪

         「NON FICTION 2018」 萬福寺/大阪

2019 「NYRS ATTACKS!」 excube/大阪

         「ザ・プレミアム平成ショー」 The Blank Gallery/東京

2020 「ストラグル・ドープシティ」 excube/大阪

         「紫幹翠葉」 明治神宮ミュージアム/東京

       

 

  • un petit GARAGE

〒104-0061

東京都中央区銀座7-17-1 銀座武蔵野ビル1F

Tel:03-3541-0038   

Mail:info@yyarts.co.jp 

 

最寄り駅:

築地市場駅から徒歩3分

東銀座駅から徒歩4分

銀座駅から徒歩8分

新橋駅から徒歩8分

 

YYARTS HP: http://yyarts.co.jp/