【開催中】森山亜希「ICON」

森山亜希『ICON』

会期:2018年9月3日(月)~10月31日(水) 12:00~18:30

土曜・日曜・祝日休み(9/8、9/22、10/6、10/20の土曜はオープンします)

Opening Reception:2018年9月8日(土)17:00~20:00

 

Aki MORIYAMA「ICON Ⅴ」
50x50cm / Acrylic,Oil on Canvas / 2018

 

この度、un petite GARAGEでは、森山亜希の個展『ICON』を開催いたします。

1991年生まれの森山亜希は今年の春に東京芸術大学美術学部絵画科を卒業、現在は同学院に在籍中です。学びを続けながら、いつも高い意識を持って活動しています。私たちは人を捉える時、しばしば相手を性別、年齢、人種、学歴、といった部分から「大きい枠組み」「大きい主語」で捉えようとします。その認識の仕方は「相手を解像度が低いアイコン」として見ているようだと森山亜希は考え、新作『ICON』に取り組みました。1年ぶりの個展となる森山亜希の新シリーズの作品をこの機会にぜひご高覧いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

_____________________

 

 

昨年の森山亜希さんの展覧会を行って気づいたのは、森山さんの作品は現代の空気をダイレクトに表現していて、たくさんの人の心を引き付けてきた、ということです。
今回の展覧会「ICON」では、人々がバイアスを通して他者を認識した時の像を、ぼやけたアイコンとして定義しています。例えば、私たちは初対面の方に対して、性別や年齢、学歴や企業名によってどんな人なのか、を想像と共に捉え、決め付けることが少なくありません。さらに人種や宗教、出身地や富裕か貧乏か、などでも無自覚で認識の枠を作ります。そうした他者への無理解を「解像度の低いアイコン」と変換するのが今回のテーマになっています。「当事者意識」という言い方がありますが、私たちはどういう時に遠い痛みや離れた哀しみに対して「自分の問題だ」と理解することができるのでしょうか。ITの時代だからこそ、そこに決定的なポイントがあると思います。森山亜希さんの新作をぜひ見にいらしてください。お待ちしています。山口裕美(アートプロデューサー)

 

_____________________

 

 

  • 作家紹介

 

森山亜希/Aki Moriyama

WEBサイト:https://moyan-a.amebaownd.com

 

1991   埼玉県生まれ

2018   東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業

現在 東京藝術大学大学院美術研究科油画技法材料研究室 在籍

【主な受賞】

2017  クマ財団クリエイター奨学金 第1回奨学生

2016  シェル美術賞2016 入選

2016    第3回 CAF賞 山口裕美賞

2015 藝大アーツイン丸の内(GAM)賞

2015   東京藝術大学久米桂一郎奨学基金 認定

 

【主な展示】

2017   森山亜希個展「DOLLs」<un petit GARAGE・東銀座>

2017   ラムフロム HINKA RINKA 東急プラザ銀座3F

2017   art expo NY <GALLERY KETCHUPより出展>

2017   ヤングアート台北2017<木之庄企畫より出展>

2017   ゲンロンカオス*ラウンジ新芸術校第2期生標準コース成果展『ハプニング(直接行動)を待ちながら』<ゲンロンカフェ・五反田>

2016   シェル美術賞展 2016<国立新美術館・東京>

2016   “Group Show~ Sommes-nous heureux?”<Bambinart Gallery・東京>

2016   第3回CAF賞作品展2016 <3331 Arts Chiyoda・東京>

2015   GEIDAI スカウティング@藝大ギャラリー<丸ビル・東京>

 

un petit GARAGE
〒104-0061
東京都中央区銀座7-17-1 銀座武蔵野ビル1F
Tel:03-5539-6600
info@yyarts.co.jp

最寄り駅:日比谷線東銀座駅6番出口から徒歩4分

朝山まり子「Picturesqueness」

朝山まり子「 Picturesqueness」

会期:2018年6月4日(月)〜8月10日(金)12:00〜18:30

土曜・日曜・祝日休み

(土曜の6/9・6/23・7/7・7/21・8/4はオープンします)

Opening Reception:6月8日(金)17:00~20:00

 

朝山まりこ「Spring Heart」2018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度、un petite GARAGEでは、朝山まり子「 Picturesqueness」展を開催いたします。

朝山まり子は、2014年「EMON AWARD 4」で優秀賞を受賞し、本格的に写真家としての道を歩みました。朝山が愛する自然と対話することで生まれてくる作品は写真という領域を超え唯一無二の存在感があります。本展覧会「Picturesqueness」では写真というカテゴリーから「抽象」について探ります。「抽象」という極めて写真とは真逆な領域に位置するものを、写真はいかにして越えられるのか。それは「写真」が「絵画」を越えることが困難であるという問いでもあります。絵画を越える写真への挑戦がここun petit GARAGEでお披露目です。ぜひご高覧いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

_____________________

 

朝山まり子さんとの出会いは第4EMON PHOTO AWRDの準グランプリ受賞者と審査員として、だった。受賞者には広尾にあるEMON PHOTO GALLERYでの展示のチャンスが与えられた。その時に手元に届いたDMの作品が心にひっかかり、オープニングレセプションの会場で朝山さんと再会、作品を1点、購入させていただいた。アーティストに対しての評価はさまざまな形がある。「欲しい!」とか「手元に置きたい」というのは絶賛に近いと思う。彼女は主に山岳写真や自然の風景を得意とする写真家だが、絵画のような写真を創造する。今回の展覧会タイトル「Picturesqueness」は日本語では画趣、視覚的に鮮やかで魅力的であることを指す。今回は敢えて抽象絵画のような写真を選んだ。現代アートの世界では写真のような絵画も流行中だが、その逆に挑戦する朝山ワールドは必見。写真はサイズの変更が可能で、巨大にも極小にも対応できるので、コミッションワークをお探しの方は気楽にご相談ください。素晴らしいものが出来ますよ。では、東銀座にてお待ちしています。山口裕美(アートプロデューサー)

 

_____________________

 

【作家紹介】

朝山まり子/MARIKO ASAYAMA

熊本県生まれ

 

武蔵野美術大学 短期大学芸術学科 卒業

京都造形芸術大学 通信教育学部 卒業

京都造形芸術大学 芸術研究科(通信課程)卒業

 

京都造形芸術大学 非常勤講師

2010年より写真を始め、山岳、ランドスケープを主に作品作りを行っている。

 

【賞歴・展覧会】

​2014年 ​

第4回 EMON AWARD 優秀賞 受賞

​2015年 ​

EMON AWARD 4 Exhibition

 

un petit GARAGE
〒104-0061
東京都中央区銀座7-17-1 銀座武蔵野ビル1F
Tel:03-5539-6600
info@yyarts.co.jp

最寄り駅:日比谷線東銀座駅6番出口から徒歩4分