原良介『裏山のキュビズム』開催のご案内

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

東銀座のアートスペース un petit GARAGE より次回の展覧会のご案内です。

 

この度 un petit GARAGE では、原良介個展『裏山のキュビズム』を開催いたします。

平川恒太との二人展以来約1年半ぶり、 un petit GARAGE では初の個展となります。

コロナ禍による自粛期間に作家自身が着手した、自宅裏山の開拓作業を通して感じた変化。

それらを記録した作品の数々が集まりました。ぜひご覧ください。

 

「景色と体」

2021年 / 53cm×41cm / キャンバス、油彩

 

原良介『裏山のキュビズム』

会期:2021年4月30日(金)~6月12日(土) 12:00~18:30

休廊:日曜・祝日・隔週土曜

(5/1,5/15,5/29,6/12, の土曜はオープンします)

 

新型コロナウィルス感染防止対策のため、ご来場のお客様には、マスクの着用や手指の消毒等へのご協力をお願いいたします。

 

原良介 個展『裏山のキュビズム』によせて

 

 原良介の個展を開催することになった。前回は二人展であったので、初個展をしていただく。彼の絵画の特徴は、絵の具の塗り方がまるで書の達人のように、ひと筆ひと筆、丁寧なタッチにより決めていることである。混色したり、塗り固めたりはしない。潔さの絵画である。コロナ禍の自粛期間中に自宅の裏山を整備した時、「さながらうちの裏山は20世紀初頭のキュビズム絵画のような様相を呈することとなったのだ」という。キュビズムとは1点による遠近法を無視し、複数の視点を入れた絵画で、ピカソとブラックによる革命的な形態の分析法である。裏山がキュビズムのようになったことを受けて、才能ある原良介はどうしたのか。その答えがこの展覧会です。東銀座にてお待ちしています。

    

山口裕美(アートプロデューサー)

 

原良介/Ryosuke HARA

 

【プロフィール】

 

1975年、神奈川県生まれ。画家。2000年多摩美術大学美術学部絵画学科卒業、2002年多摩美術大学大学院美術研究科修了。「トーキョーワンダーウォール公募2001」

大賞受賞。2013-2017年多摩美術大学美術学部絵画学科非常勤講師。2018年より青山悟、竹林陽一、原良介によるアートレクチャー、ワークショップシリーズを開始。「人と自然と絵のあいだ」をテーマに、複数の時間や異なる空間などの概念的要素を取り込みながら、絵を描くということは次元の移動をおこなうことであると意識して制作している。近年開催した主な個展に「on a color 色相の上」円覚寺龍隠庵 / 神奈川(2017年)、「明恵の白光」second 2. / 東京(2020年)など。近年参加した主なグループ展に「美術館まで(から)つづく道」茅ヶ崎市美術館 / 神奈川(2019年)、「札幌国際芸術祭2020」 / 北海道(2020年開催中止、アーカイヴのみ)、「気韻生動」明治神宮 宝物殿 / 東京(2021年)など。

http://ryosukehara.com

 

  • un petit GARAGE

〒104-0061

東京都中央区銀座7-17-1 銀座武蔵野ビル1F

Tel:03-3541-0038   

Mail:info@yyarts.co.jp 

 

最寄り駅:

築地市場駅から徒歩3分

東銀座駅から徒歩4分

銀座駅から徒歩8分

新橋駅から徒歩8分

 

Newsカテゴリーの記事