かけがわ茶エンナーレとは

 

かけがわ茶エンナーレは、静岡県掛川市で平成27年度から29年度にかけて3年間(千日)をかけて推進する茶文化創造千日プロジェクトです。南アルプス最南端から遠州灘海岸にひろがる風光明媚な日本有数の茶産地を舞台に、「アート×茶・茶文化」の視点から、様々なアートプロジェクトに取り組んでいきます。
本事業における茶・茶文化とは、「営みの場としての茶畑・茶園・茶工場」「生業としての茶業」「日々食卓で飲むお茶」「生活文化における嗜みのお茶」「造形美としての茶道具や茶器」「アートを活かす空間(館)」など、多岐にわたります。
かけがわ茶エンナーレでは、アートの力を最大限に活用し、掛川市の茶・茶文化とアートとの関係性を紡ぎながら、市の新たな魅力の発掘と発信、市民の誇り醸成、そして地域の活性化につなげていきます。

 

会期:平成29年10月21日(土)~11月19日(日) 

会場:静岡県掛川市(原田・原泉エリア/東山・日坂エリア/五明エリア/まちなかエリア/横須賀エリア/大東エリア)